我が家の玄関ドアは昔ながらのよく見る
ごく普通のガラスの格子戸です。

引き戸のドア2枚が重なる真ん中に
これまたごく普通の鍵が付いています。

この鍵が古くなってきた&ドアが木製なので湿度の関係
なのか、めちゃくちゃ開けにくい日があったりします。

駐車場から寝てしまった下の子と、買い物袋を引っ提げながら
階段を上がり、必死にカバンから鍵を出したのにそんな日に限って
なかなか鍵が開けられない。。。

上の子に開けて〜と鍵を渡しても
全然開かなーいなんてこともしばしば。。。

そんな状態で2年半(長)過ごしていました。

住宅購入時にプロの大工さんに玄関ドアの入れ替え工事を
依頼することも考えたのですが、
ガラスの格子の引き戸も磨いて塗り直せばきっと
見違えるんだろうなぁと、何十万円もかけて交換するのも
もったいないと諦めてしまっていたんです。

しかしいよいよほんまに不便すぎるやん!となってきたので、
引き戸の鍵交換DIYを検討しはじめました。

ネットで鍵の情報を調べて、ひき戸の鍵交換は
頑張れば自分で出来るなと思って交換用の鍵を購入しようとしていた時に、
指紋認証や暗証番号、カードキーで開けることができる
電子錠の存在を知りました。

電子錠!!!ビビビ!!!ときました!!
電子錠なんて、そんなことは一切頭になかった私でしたが、
調べているうちに、絶対電子錠がいい!
この先子供たちが鍵を持ち出して無くした〜とか
鍵持って出るの忘れたから、どっか隠しといて〜(危険)とかいう
煩わしさから解放されるやん!と鼻息荒くしながら
どんどん電子錠欲しいモードに染まっていきました。

ただ、開き戸の電子錠はたくさんネットにも売られているのに
引き戸の電子錠はそれに比べて数が限られていました。

限られた引き戸専用の電子錠の中で、我が家のドアにつけられる
サイズのものを片っ端から探すものの、全然見つけられず。。
デザイン上、取り付け範囲が狭くなってしまう我が家の引き戸には
電子錠はやっぱり無理なのか、、と諦めかけていました。

そんな時に我が家と似たような条件の引き戸ながら、
工夫して電子錠をDIYでつけられた方のブログを発見!!!

その記事が書かれたのは数年前だったので、
同じ型番の電子錠は入手できなかったのですが、
大変参考にさせていただきました。
何回も何回も読み直して、頭の中でめちゃくちゃシュミレーションしました!!
だって、穴開けたけどやっぱ無理でした〜は本当悲しいですもんね。

その方のブログ記事がなければ
我が家のドアに電子錠がつくことは無かったでしょう。。(遠い目)

次回から
我が家の引き戸に電子錠をつけたDIYについて、
将来同じようなことで困っている方の手助けになれたらいいなぁと
思いながら書き綴っていきたいと思います。