ここにこんな棚が欲しいっていうときありますよね。

我が家はまさに今回それで、歯ブラシや歯磨き粉

そしてめっちゃでっかいマウスウォッシュ(旦那の)を出しっぱなしにされない

隠せる棚が欲しかったんです。

だらしなく出されっぱなしなのは、ちゃんと住所が決まっていないからだろう

ということで洗面所に新しく棚を作りました。


1.今回棚を作りたいのはこんなところです。



棚を作る前の写真を撮り忘れたので、
イラストですが、、、

export

絵が下手なのはごめんなさい w


IMG_0484




まずは、棚が欲しいところの寸法をミリ単位で測ります。



2.欲しい棚のイラストを描いて木の切り出し寸法を出す。



イラストは出来るだけ立体で。

木材の厚みも描いた方が計算する時に、
どこからどこを引けばいいんやっけ?とならずに
スムーズにいくと思います。

今回は閉めた時に、側面の板の間に
ドアにがすっぽり挟まれるようなデザインにしました。

スライド蝶番とかを使ったら、
側面の板の木口が見えなくなって綺麗になりそうですが、
今回は家にある合板と蝶番、マグネットのみを使って安く仕上げたかったので、
こんなデザインです。

ドアを閉めた時に、下図緑の横に渡ってる板が
邪魔にならないように、ドアの厚み分引いて作ります。



IMG_0486



3.木材カット、そして組み立て



寸法が出せたら、ガイドを使って
丸鋸で切断していきます。


IMG_0487

組み立ては木工用ボンドとスリムビスを使用しました。


4.そして設置します!



我が家の洗面台、まだリノベ途中でタイルも貼ってないし、
壁紙剥がして薄紙残った状態なので全然映えず。。。

これからどんな風に変身するか、乞うご期待!w

7


今回はサイズぴったりで作ったので、
窓枠と壁にぴったりと挟まってびくともしません。

背板を付けずに棚を作って壁を直接黄色いペンキで塗ってます。
下地がベニヤの場所なのでビスも直接打てています。

石膏ボードの下地だったら背板を合板で作ると良いと思います。

6

閉めるとこんな感じ


5


ぴったりの棚を作るポイント

・寸法をミリ単位でしっかり図る。
・木材切断もミリ単位。使うノコギリの歯の厚みも考慮する。
 木材に印をつけて、その印の左側を切るか右側を切るか!

こんにちは。

2月の下旬の卒園間近のラスト3週間ほどで
全国の休校措置が始まりました。

我が家も3年間通った幼稚園が急におやすみになって
最後のイベントも無くなってしまい親子共寂しかったです。

その頃はこんなに休校が長引くとは思いもせず!
まだまだ先は長そうですね。
ピカピカの1年生の息子もまだ一回も登校してません。

休校中はお天気が良ければ庭のウッドデッキでお昼を食べたり、
出来るだけ日光の下にいるようにしています。

AA66D751-3486-4722-8C9A-783F62736913


外で食べるとなんでも美味しく感じますね(^^)


感染がこれ以上広がりませんように、、
我が家は今日も自宅で自粛頑張ります。



 

自宅の2階、主寝室のリノベーションです。

before

もともとは床は畳、壁は壁紙が貼ってあって、天井はプリント合板です。
ここをナチュラルなインテリアが似合う洋室に変身させたいと思います。

床を畳からクッションフロアへ

まずは畳をマイナスドラバー等で持ち上げて剥がしていきます。
畳は近所の畳屋さんに連絡して引き取ってもらいました。一枚2000円ほどだったと思います。

我が家は運ぶ手間などを考えて引き取りにきてもらいましたが
他にも畳を処分する方法があります。

✔︎畳の処分方法

・粗大ゴミとして自治体に引き取ってもらう。
自治体に問い合わせて有料で収集してもらうか、クリーンセンターへの運び出しが必要です。

・可燃ゴミとして定期収集に出す。
自治体指定のゴミ袋に入る大きさまで切断して小さくする必要があるので手間がかかります。
その分一番安いはず。

・畳屋さん等民間業者に引き取ってもらう。
時間に融通がきくし、自宅まで電話一本で取りに来てもらえるのでお手軽です。
ただし、料金設定の幅が大きいので信頼できるところを探しましょう。
事前の電話で料金を明確にしておくと良いと思います。


畳を剥がしたら、下地の合板が出て来ました。
この合板が少し痛んでいたので、更に新しい合板を重ねて貼っていきます。
スリムビスを使って15センチ間隔ぐらいでどんどん打ち込みました。

gouhan


合板が貼れたら、クッションフロアを貼ります。
今回は楽天の壁紙屋本舗さんで、パーケットフロア/ナチュラルオークを購入しました。

floor

クッションフロアを貼るのは今回で4回目で、
前回までは幅が180センチのものを使っていました。

しかし、この商品は幅が91センチでとっても扱いやすい!ほんとに全然違います。
私みたいな素人には大きいものは扱いにくかったんです。

さらに裏面にはグリッドがついていて、ハサミでまっすぐ切れます。
こういった細部の工夫は、DIY用にインターネット販売されているものだからこそだと思います。
プロ用は素人にはやっぱり難しい〜〜!あたりまえだけど。。

クッションフロアを貼る工程は改めて記事にしたいと思います。


天井のプリント合板をペンキで真っ白に

天井は木目がプリントされたプリント合板でした。
プリント合板は表面がツルツルしすぎていてペンキを直接塗ることができません。

ミッチャクロン等のプライマーを塗ってから、ペンキを塗る方法も有ります。
しかし、プライマーは匂いがきつく塗っている最中でも気持ち悪くなってきそうなのです。

そこで今回はプリント合板の上から、5,5ミリのベニヤ板を天井全面に貼り付けて、
真っ白なペンキで仕上げることにしました。

まずはベニヤ板を貼っていきます。

白色ボンドをベニヤに適当に塗って、よいしょっと天井に持ち上げます。
お友達に手伝ってもらいながら2人がかりでベニヤ板を抑えている間に、
フィニッシュネイルを打ち込みます。

cealing

フィニッシュネイラーとは、エアーコンプレッサに繋いで空気圧の力で釘を打つ道具です。
バンバン釘を打てるので、楽しいし便利で大好きなのですが、
エアーコンプレッサが大きい&高価なので購入は出来ていません。。

我が家はお世話になっている工務店にお借りして使わせて頂きました。

フィニッシュネイルを15センチ間隔ぐらいで、できるだけプリント合板が打ち付けられている
下地を狙ってどんどん打っていきます。落ちたら怖いので結構打ちました…


finish
ベニヤ板を打ち付け終わったら板同士の継ぎ目をパテ埋め処理します。
パテ埋めの工程は改めて別記事でご紹介したいと思います。

パテが終わったら、ついに塗装です!
ペンキ塗装の前には必ずしっかりと養生をします。
この養生がまた大変、、ペンキ塗りはとっても楽しいのですが養生に本当に時間がかかります。

ベニヤ板にペンキを直接塗ると板からアクが出てくるそうです。
実際アクってどんなのか見たことないのでわからないのですが、黄色っぽくシミみたいになるそうです。

せっかく白い天井にするのにシミがでると嫌なので、
木材アクどめシーラーを先に塗り、しっかり乾燥した後に白いペンキで塗装しました。


壁紙からおしゃれな塗り壁へ

まずは既存の壁紙をベリベリ剥がしていきます。

壁紙を剥がすと薄紙が一緒に剥がれるところと薄く残るところが出てきます。
薄紙はのちに塗る塗り壁材の水分で濡れると浮いてくることがあるので、
事前にできるだけ綺麗に剥がしておきます。

剥がして出て来た石膏ボードの継ぎ目にジョイントテープと呼ばれる、
塗り壁のひび割れを防止するテープを貼って上から更にパテ処理していきます。

jointtape

パテが終わったら、塗り壁材をコテを使って塗っていきます。
塗り壁の工程は改めて記事にします。

柱はサンダーで磨いてウォルナット色のオイルステインで塗装しました。

poles


完成!

ドアや押し入れ等細かいところはまだ終わってないのですが、
とりあえず天井、床、壁の大きなところは完成しました。
白を基調としているので、薄暗ーい雰囲気だったのがとっても明るくなりました。

after


jproom



洋室リノベにかかった費用

ざっくりですがかかった費用をまとめてみました。

天井 ベニヤ板 1050円×6 6300円
   パテ粉 800円
   アクどめシーラー 3450円 
   ペンキ 6000円 

壁  塗り壁 3袋 60000円  
   塗り壁用パテ 5000円  
   塗り壁用シーラー 3000円 
   柱のオイルステイン 4000円

床  12・5ミリ合板 1200円×6 7200円
   クッションフロア 13000円
   クッションフロア用ボンド 5300円

合計 114,050円

この他にビスやフィニッシュネイル、木工用ボンドなどの備品、
工具類を加味しても比較的安価に仕上げられたんじゃないでしょうか。

この部屋は2階にあるのですが、1階にある和室はもっと大胆なリノベーションしました。
また記事にしたいと思います。



私たちが家を買うまで、
約5年ほど手入れされていなかった庭です。

before

草木が生い茂って、
雑草も生え放題、大きな石や小さな石、落ち葉や枝で地面が見えないほどです。
ここを子供達がのびのび遊べる様な芝生スペースに生まれ変わらせたいと思います。


人工芝か天然芝か。


人工芝にするか天然芝にするか、それぞれの良い点、不都合な点をまとめました。
まずは天然芝から。

✔︎天然芝のメリット

・自然のものなので四季の移ろいが楽しめる。
春に新芽が出てどんどん緑が広がって夏を迎える。
秋になると枯れ始めて冬には茶色くなる。
・導入時コストが人工芝に比べて10分の1程で済む。
・夏でも裸足で歩ける。熱くならない。
・雑草抜きや芝刈り等、芝生の手入れを子供達に経験させられる。

✔︎天然芝のデメリット

・手入れが大変。芝刈りや雑草の処理など年中手入れが必要。
・日当たりが良い場所にしか施工ができない。
・冬は枯れた様に茶色くなってしまう。

次に人工芝です。
✔︎人口芝のメリット

・手入れがいらない。一度敷けば物によっては7〜8年程きれいなまま。
・一年中緑のまま。枯れない。
・どこでも敷ける。日当たりの良さは関係なし。
・強いので子供やペットが走り回っても大丈夫。

✔︎人口芝のデメリット

・初期費用がかかる。天然芝10倍ほどになることも。
・夏には裸足では歩けないほど熱くなる。
・安いものだと偽物感が出てしまう。

我が家では天然芝を採用しました。
理由は、子供が小さい間に季節の移ろいを感じられる、
また一緒にお手入れをしたりする中でいろんな経験をして欲しかったからです。

もちろん雑草抜きや芝刈り等のお手入れをしっかりする覚悟はできていますが、
もし、追いつかなくなったら人工芝に張り替えるのもいいかなと思っています。

サンプルで取り寄せた人工芝はテカテカしてなくてすごくリアルなものもありました。
今のところ、子供達も雑草を見つけては、引っこぬいて遊んでいます。

根っこまでごそっと抜けるとおもしろいみたいで
「こんなんとれたー!すごいやろ!!」と自慢しに来てくれています。


天然芝を敷くための下地の調整

我が家の庭には結構大きな石や植物の根っこ、
枯れた枝等が散乱していて、これらを全部ふるいにかけて
綺麗な状態にすることから始めました。

まずは7cmほど掘り起こしてどんどん土を積み上げて
大きな山を作りました。

digout

掘り終わったら、この土に混じったものを取り除いていきます。
この作業がとんでもなく大変でした。

しかしながら、これをせずして綺麗な芝生は敷けない!と
無心でひたすら土をふるっていきます。

我が家では一輪車に特大バーベキューの網を乗せて
その上に土をのせ、手で土を網にすりつけるようにして残った不純物を取り除いていきました。

hurui

↑左側がふるったきれいな土です。

hurui2

全て土をふるい終わったら、
レーキ等を使って土を平らにしていきます。

平らになったら散水し、踏み固めていきます。

コンクリートブロック等重たいものを上から落として
固めていくのも良いかもしれませんが、我が家は家族4人で歩き回って踏み固めました。


芝生の貼り方


mejibari

レンガのように互い違いになるように貼っていきます。
ここまでくると終わりが見えてくるので楽しいです。

芝生のシートの厚みがそれぞれちがうので、
分厚いのを敷く時はレーキで少し土をガリガリ削って
できるだけ平らになるように心がけていました。
目分量ですが、、。

次に目土を間に入れていきます。
ホウキで広げていきました。
芝生の上にも土が薄っすらかぶった方が良いので
丁寧に広げていきます。

after

最後にたっぷり散水して完成です。

after2



芝生を貼って1ヶ月後

芝生を貼るのに適しているのは4月〜5月だそうです。
この時期以外だと根が張らずに定着しないとか。

我が家はゴールデンウィークに芝生を貼りました。
それから毎日朝の早いうちに水やりをし、生えて来た雑草はこまめに抜いています。

貼った直後は茶色く、これ枯れてる?みたいな芝生も
どんどん新芽が出て来て全体的に生き生きとしたグリーンになってきました。

3wk


ランナーと呼ばれる茎が目地部分にのびて、
繋がっていく様子も見られます。

夏にむけてどんどん成長してくれると嬉しいです。

子供達も暑い日にはプールを出して楽しんでいます。

IMG_2222

本当は2ヶ月ほどは踏まないで養生しておく方が良いらしいですが、
そうもいかずに、芝生の上でピクニックやボール遊びもしています。

またどんな風に成長していくか報告したいと思います。

↑このページのトップヘ